シンポジュウム開催のお知らせ

第6回シンポジュウム「南北朝・室町時代の鎌倉」

このたび、「南北朝・室町時代の鎌倉」と題して、下記日程のとおり開催します。

入場無料、資料集頒布2,000円程度を予定しています。

幕府滅亡後の鎌倉の様相を探っていきます。皆様、奮ってご参加ください。

 

日時 2019年6月2日(日) 9時30分(開場)~16時30分(閉会)

場所 鎌倉商工会議所地下ホール

日程

発表1 10:00 「南北朝時代の鎌倉をさぐるために」
         河野眞知郎(鶴見大学名誉教授)

発表2 10:30 「鎌倉公方御所の所在について」
         田中奈保(鎌倉女学院中学校・高等学校)

発表3 11:20 「『鎌倉年中行事』から見る室町期鎌倉の仏教」
         大三輪龍哉(NPO法人鎌倉考古学研究所)

発表4 13:10 「南北朝・室町時代の建長寺とその周辺-発掘調査事例を中心に」
         宮田 眞(NPO法人鎌倉考古学研究所)

発表5 14:00 「南北朝・室町期における”都市鎌倉”の変容」
         押木弘己(NPO法人鎌倉考古学研究所)

討論  15:10~

 

 

 

墨書集成資料頒布のお知らせ HP01

当研究所では、設立時より集成刊行事業を行って参りました。その初めての刊行物として、このたび『集成 鎌倉の墨書 -中世出土品-』を刊行しました。
 
これは、平成28年3月までに発掘調査報告書等に報告された墨書のある遺物を集成したものです。

遺物733件のほか、コラム13編、関連文献一覧を掲載しました。この機会に是非お求めいただき、研究にお役立てください。

頒布価格は2,000円です。

 

また、本書刊行にあわせて、平成29年2月12日(日)に第5回シンポジュウム「『集成 鎌倉の墨書-中世遺跡出土品-』をめぐって」を開催しました。 

シンポジュウムのレジュメ(500円)も頒布しております。

お買い求め希望の方は下記のメールにアドレスにて問い合わせください。

 HP02


【お問い合わせ先】

特定非営利活動法人鎌倉考古学研究所
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

 

ホームページ更新のお知らせ

大三輪龍彦研究基金、第28回遺跡調査・研究発表会について最新の情報に更新しました。(2018/07/11更新)