刊行図書

ご希望の方はメールにてお問合せください。

 


 

機関誌『かまくら考古』


鎌倉考古学研究所の会誌、『かまくら考古』はA4版・8ページで1年に4回刊行しております。

誌面には、鎌倉市内の発掘調査で検出・出土した遺構や遺物の速報的な紹介
鎌倉あるいは中世に関する研究報告や小論文等を掲載中です。

購読には賛助会員への入会が必要となります。

『かまくら考古』掲載論文・調査遺跡速報はこちらから



--------------------------------------------------------------------------------


旧機関誌『鎌倉考古』 合冊本


任意団体時(1980~2009)の会誌を一冊にまとめました。
鎌倉の発掘調査史ともいえる本誌は、鎌倉における考古学の研究論文を数多く掲載しております。

一冊3000円(送料別)で頒布しています。


『鎌倉考古』掲載論文 一覧はこちらから

--------------------------------------------------------------------------------

 

大三輪研究基金研究報告

 

本基金は、故大三輪龍彦先生の業績を偲び、若手研究者育成の為に設立された基金です。
鎌倉の文化に関連したあらゆる分野を対象として、毎年1人を応募者の中から選定します。
その研究内容を報告する媒体として本誌を製作しました。

『大三輪龍彦研究基金研究報告』 一覧はこちらから

 

--------------------------------------------------------------------------------

 

集成 鎌倉の墨書-中世遺跡出土品

 

本資料は鎌倉研究にはかかせない資料となっています。
各地の中世研究者の評価も高く、長期に亘って当研究所がまとめた成果となっています。
所員によるコラムの掲載もしています。

頒布価格は2,000円です。

詳細はこちらから

 

--------------------------------------------------------------------------------

 

シンポジュウム資料

 

特定非営利活動法人鎌倉考古学研究所発足から隔年ごとに、
鎌倉市教育委員会と共催して、各テーマにおけるシンポジュウムを開催しております。
これまでの発表要旨を頒布しております。

『シンポジウム資料』 詳細はこちらから

 

--------------------------------------------------------------------------------

 

歴史講座資料

 

 毎年鎌倉の一地域を考古学・文献史学・宗教史学・民俗学等、
各分野から研究・検証し理解を深める講座です。
これまでの資料は頒布していましたが本年度より頒布停止いたします。

購読には賛助会員への入会が必要となります。

『歴史講座資料』 詳細はこちらから

 

--------------------------------------------------------------------------------

 

鎌倉市遺跡調査・研究発表会発表要旨

 

毎年鎌倉市内で実施されている発掘調査の成果を中心に、
関連する分野からの講演を交えて、
鎌kら市教育委員会と共催で行っている発表会です。
第19回からの発表要旨を頒布しております。

『鎌倉市遺跡調査・研究発表会発表要旨』 詳細はこちらから